『ペディとシェンヌ Chapitre.2 ~空色の劇場と桃色の靴~』

完成品CDについての事情説明とお詫び

 

この度、2018年春M3で頒布させていただく

『ペディとシェンヌ Chapitre.2 ~空色の劇場と桃色の靴~』の

完成品CDにつきましてですが当方での

データ書き込み時に設定上のミスを起してしまい、

書き込み後に検品を行った所頒布予定分の全てのCDが

次のような状態となっておりました。

特に重要な箇所については、太字で示しております。

 

=========================================================

 

・音楽CDとしての再生はWindows Media Player及び

 それと互換性があるか音楽CDとして認識できるプレーヤーでのみ

 可能で、itunesでの直接再生は不可。

 

・実際にCD上にあるのは今回の音源7トラック分の

 ファイルのみであるにもかかわらずWindows Media Playerでは

 更に同じトラックがプレイリストにもう1周分表示され

 14トラックある事になってしまっている。

 

・各トラックについては順番どおり揃っており、

 問題なく通しで再生を行う事ができる(但し上記の

 理由により実際には1周分ではなく2周分のトラックで

 再生が行われ、連続再生を行った場合1週目のScene7が終わると

 2周目のScene1が再生される形になる)。

 

・データCDとしての認識は異常なく行う事ができており、

 CD内のファイルを表示し音源の取り込みは可能。

 itunesで取り込みテストを行った際にも実際にCD上にある

 7トラック分のファイルのみが取り込まれる。

 

=========================================================

 

このような状態となっており、データCDとしては

問題なく読み込まれて作動するものの、音楽CDとしての

再生にはかなりのご不便をおかけしてしまう状態と

なっており、その中で頒布の機会となっている

本年の春M3を9日後に控えている状況下である事なども

考えた結果、次の通り対応する事といたしました。

 

・現時点からのCDの作り直しは会場への発送手続きを含めて

 当日に間に合う保障がない為、今回に限り「データCD版」として取り扱い、

 会場での頒布を行います。その上で、当日お買い求めになられた方から

 ご要望がありましたら必ず本年6月以降から10月の秋M3当日までの間の

 ご都合の良い時期に、プレイリストの重複の解消と

 itunes等での再生を可能にした「音楽CD版」を作製し無償でのお渡しに

 よる交換を郵送、手渡しのいずれかにより行わせていただきます。

 交換や郵送の際、ハンドルネーム・お届け先情報等を一時的に

 控えさせていただく必要がありますのでその点のみ

 ご了承をいただけますと幸いです。

 

・今回頒布させていただく全てのデータCD版完成品に、

 今回のCDの仕様及びそのお詫びの旨を記したカードを封入いたします。

 特に重要なitunesでの直接再生不可・プレイリストが2周分の扱いと

 なっている件も、こちらに記載させていただきます。

 

・本来有料頒布の予定であった事や前作が転売の被害を

 受けたこともあり、値下げ、無料への切り替え等はせず

 発表予定通り1部400円にて販売を行います。

 

このような事態に至った原因は、当方が使用している

パソコンにおけるデータ用CD-Rの取り扱い仕様が

以前と変わり、itunesでCDを作製する専用メニューが

設けられていた事に気が付かず、これまでと同じように

CDを作製するとMedia Playerのみでしか音楽CDとして

扱われなくなった事を認識していなかった事によるものです。

また、データの書き込みを優先しCD一枚一枚の検品を

後からまとめて行った事も、事態への対処が後手に回る

原因となってしまいました。

なお、データそのものは重複していないのに

プレイリスト、トラックが重複する理由については

原因を究明する事ができませんでした。

 

このような事態を起こした原因と責任は全て当方にあり、

音楽CDとしての再生に著しい制約が出て本来の価値を

損ないかねない事などから全作品の作り直し、または

当日の出展そのものの辞退等を含めて方針の検討を行いましたが、

先述のとおり現時点からの全品作り直しはM3当日に

間に合う保障がない事、またこの時点での出展辞退は

M3準備会様や、当日の出展を前提にこれまで行動されてきた

キャスト様、スタッフ様、お客様の努力や配慮や準備を

無に帰させてしまい多大なご迷惑をおかけしてしまう事、

そして現状でのCDが少なくとも全トラックをパソコンにて

再生、取り込み可能であり、「事情を事前に説明した上でのデータCD」

としてであれば何とか取り扱いが行える状況であること等を考慮した上で、

当初の予定通り頒布を行う事といたしました。

 

今回、こちらの不手際により本来のドラマCDとしての

あり方にそぐわない形式での頒布、お渡しとなってしまいます事を、

企画の総責任者、及び制作に携わった者として、皆様に

心より深く、お詫び申し上げます。

次回の作品からはこのような事が無いよう、自身の制作環境に

不断の注意を払い、改善に鋭意務めてまいります。

また、今回の事態による皆様からのご意見、ご批判等、

全て甘んじて受ける覚悟でございます。

重ね重ね、まことに申し訳ございませんでした。

 

2018年4月20日

モリサキタテワキ